トヨタがスマートコミュニティJapan 2016に出展、太陽光で充電できるプリウスを初披露

2016年06月02日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

トヨタがスマートコミュニティJapan 2016に出展、太陽光で充電できるプリウスを初披露の写真

5月30日、トヨタ自動車は、東京ビッグサイトで開催される「スマートコミュニティJapan 2016」に出展し、世界初のソーラー充電システムを搭載した新型プリウスPHVを展示すると発表しました。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

6月15日から17日までの3日間、東京ビッグサイトで新型プリウスを展示

トヨタ自動車が出展するスマートコミュニティJapan 2016は東京ビッグサイトで6月15日(水)~17日(金)の3日間開催されます。今回の出展では、2016年3月に行われたニューヨーク国際オートショーで初出展した新型プリウスPHV(プラグインハイブリッド車)の日本仕様が展示されます。プラグインハイブリッド車とは、コンセントなどから直接バッテリーに充電できるハイブリッドカーのことです。

新型プリウスPHVは、ソーラーパネルで発電した電気を駆動用バッテリーに充電する、世界初のソーラー充電システムを備えています。進化したPHVシステムによる燃費・環境性能に加え、ソーラー充電システムの仕組みや急速充電機能(日本仕様のみ)、11.6インチ大型ディスプレイを備えたナビゲーションシステム等が紹介されます。

主な展示内容

■新型プリウスPHV(日本仕様)

  1. ソーラー充電システム搭載
  2. 急速充電機能
  3. 11.6インチ大型ディスプレイ搭載のナビ など

■燃料電池自動車「MIRAI」(カットボディ)

■燃料電池教室

  1. 実験キットやMIRAI模型(10分の1モデル)を用いて、燃料電池が発電する仕組みを解説しながら体験できる実験教室(1回15分程度、1日5~6回実施)

■「ビッグデータ」の利活用による情報サービス

  1. ビッグデータ交通情報サービス(通れた道マップ)
  2. テレマティクスサービス「TransLog」 など
トヨタブース外観イメージ

出典:トヨタ自動車

災害等で停電した時も、太陽光があれば駆動用バッテリーの充電が可能

新型プリウスPHVのルーフに搭載した太陽光パネルで発電した電力は、駆動用バッテリーおよび12Vバッテリー系統へ供給できます。駐車中は駆動用バッテリーを充電、走行中は駆動用バッテリーの消費を抑えることで、EV走行距離や燃費の向上に貢献します。また、充電スタンドがない駐車場や災害等で停電した場合でも、太陽光があれば駆動用バッテリーの充電が可能となります。

プリウスPHVに搭載されるソーラー充電システム

出典:トヨタ自動車

量産車では世界初、ガスインジェクション機能付電動インバーターコンプレッサー

エアコンの効率を高める「ガスインジェクション機能付電動インバーターコンプレッサー」も、量産車としては世界初の搭載となります。「ガスインジェクション機能付電動インバーターコンプレッサー」とは、一度放熱した冷媒の一部を再びコンプレッサーに戻して暖房に役立てる機能です。エアコンで車内を暖めながら、エンジンを作動させずにEV走行の静かな走りをより長く楽しむことが可能となります。

日本仕様は急速充電も可能

日本仕様のみの装備となりますが、CHAdeMO規格に対応した急速充電機能も備えています。普通充電の場合、100V(6A)のケースでは15時間程度(満充電)、200V(16A)であっても2.5時間(満充電)かかるところ、急速充電では約20分(80%充電)まで短縮できます。

EV走行距離は60km以上

新型プリウスPHVの日本仕様車のJC08モード走行時におけるハイブリッド燃費は37km/lとなっています。また、リチウムイオン電池の小型軽量化、高容量化により、EV走行距離は従来型の26.4kmを大幅に上回る60km以上を達成しています。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

平成28年度の新エネ大賞決定、IHIと新日鐵住金による高比率バイオマス混焼の火力発電などが受賞の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月23日

新電力ネット運営事務局

平成28年度の新エネ大賞決定、IHIと新日鐵住金による高比率バイオマス混焼の火力発電などが受賞

2月15日、平成28年度の新エネ大賞表彰式が東京ビッグサイトにて開催されました。経済産業大臣賞1件、資源エネルギー庁長官賞2件、新エネルギー財団会長賞4件、審査委員長特別賞1件の合計8件が選ばれ、賞状と副賞(楯)の授与が行われました。

世界初、楽天ドローンによる長距離の荷物配送に成功、南相馬市が連携協力の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月22日

新電力ネット運営事務局

世界初、楽天ドローンによる長距離の荷物配送に成功、南相馬市が連携協力

2月16日、南相馬市は「ドローンなどを活用した物流システムの構築」などが盛り込まれた連携協定を楽天と締結したと発表しました。締結式では、楽天が取り組んでいるドローンを活用した配送サービス「そら楽」のデモンストレーションが行われました。

コンビニ初、ローソンが慶大とIoT活用でBELS「五つ星+ZEB認証」、電力調達を6割削減見込みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月14日

新電力ネット運営事務局

コンビニ初、ローソンが慶大とIoT活用でBELS「五つ星+ZEB認証」、電力調達を6割削減見込み

2月13日、ローソンは「バーチャルパワープラント構築実証事業」の一環として環境配慮店舗をオープンすると発表しました。慶應義塾大学SFC研究所と共に、IoT化された機器による制御・節電を通じて電力リソース創出の実証実験を行うものです。

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年01月26日

新電力ネット運営事務局

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所

2017年1月、インドのCarbon Clean Solutions社は、世界初となる政府による補助金を活用しないCO2回収技術を用いた石炭火力発電の計画を発表しました。これまで高コストであったCO2回収技術を半分以下に抑えることで、補助金なしのビジネス展開を可能としています。

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始

これまで、砂漠のように気候条件が厳しく水が少ない地域では、農業を営むことが難しいとされてきました。今回オーストラリアで開始された「Sundrop Farm」は、太陽光と海水を利用することにより、従来は農業に適さないとされた地域でも、高品質な生産物を生み出せるポテンシャルがあります。