事業者の省エネ取組をクラス分けする制度開始、約1割に注意文書を送付

2016年06月02日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

事業者の省エネ取組をクラス分けする制度開始、約1割に注意文書を送付の写真

資源エネルギー庁は、本年度より省エネ取組状況に応じて事業者をクラス分けする「事業者クラス分け評価制度」を開始しました。5月31日、経済産業省は平成27年度定期報告に基づくクラス分け結果をとりまとめ公表しました。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

4段階で省エネ取り組みをクラス分け

今回の制度は、省エネ法の定期報告を提出する全ての事業者をS・A・B・Cの4段階へクラス分け、クラスに応じた対応が実施されるものです(図1)。

Sクラスの優良事業者は経産省HPで事業者名や連続達成年数を表示されます。その一方で、省エネ取組が停滞しているBクラス以下の事業者の代表者へは注意文書が送付されます。

事業者クラス分け評価制度の概要

図1 事業者クラス分け評価制度の概要 出典:経済産業省

注意文書が送付されるBクラス以下は約1割

平成27年度定期報告では、12,412事業者より報告があり、Sクラス事業者が7,775者(62.6%)、Aクラス事業者が3,430者(27.7%)、Bクラス以下の事業者が1,207者(9.7%)でした。そのため、約1割に注意文書が送付された形となります。

各クラスの水準
  1. Sクラス事業者:定期報告書(平成27度3月末確認時点)において5年間平均原単位を年1%以上低減(努力目標)またはベンチマーク目標を達成している者
  2. Aクラス事業者:SクラスにもBクラスにも該当しない者
  3. Bクラス事業者:定期報告書において努力目標未達成かつ直近2年連続で原単位が対前度年比増加、または、5年間平均原単位が5%超増加している者
  4. Cクラス事業者:Bクラス事業者の中で特に省エネ取組が不十分と判断された者

Bクラスの事業者は報告徴収・現地調査・立入検査が集中実施され、判断基準遵守状況が不十分であればCクラスとなります(図2)。

各クラスにおける実施内容

図2 各クラスにおける実施内容 出典:経済産業省

6月には現地調査の案内送付開始の予定

今後のスケジュールとして、6月に現地調査の案内送付が開始され、報告徴収が順次実施されます。その後、調査結果の精査を経て、12月に立入検査が順次実施されます。その検査結果が精査され、来年の3月には指導が順次実施(Cクラス)される予定です(図3)。

平成27年度提出の定期報告に基づくスケジュール(予定)

図3 平成27年度提出の定期報告に基づくスケジュール(予定) 出典:経済産業省

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

保守管理を重視する改正FITに向け、ドローンによる太陽光パネル検査サービス開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年10月03日

新電力ネット運営事務局

保守管理を重視する改正FITに向け、ドローンによる太陽光パネル検査サービス開始

エナジー・ソリューションズ株式会社(東京都千代田区)は、ドローンを活用したIR(赤外線) 検査サービス「ドローンアイ」を 9 月 12 日より提供開始しました。2MW ソーラーの検査が15 分程度で可能であり、従来のソーラーモジュールIR検査と比較し約3分の1のコストに抑えられるといいます。

平成27年度の省エネ大賞決定、153件の応募から50件の選出の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年02月12日

新電力ネット運営事務局

平成27年度の省エネ大賞決定、153件の応募から50件の選出

1月27日、省エネ大賞の表彰式が開催されました。全153件の応募中、50件(製品・ビジネスモデル部門:26件、省エネ事例部門:24件)が受賞しております。このコラムでは、省エネ大賞と受賞した事例の内容を概観します。

箱根で日産の電気自動車をカーシェアリング、神奈川県が実施の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月21日

新電力ネット運営事務局

箱根で日産の電気自動車をカーシェアリング、神奈川県が実施

6月20日、神奈川県は箱根のホテルに電気自動車を配置し、カーシェアリングモデル事業「かながわEVシェアリングIN箱根」を実施すると発表しました。観光客のレンタル利用と、ホテルの業務にも電気自動車を活用することにより、電気自動車の一層の普及拡大を図ることを目的としています。

大分県、藻場などの環境情報や水質の調査結果などが分かる地理情報システムを提供開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年07月05日

新電力ネット運営事務局

大分県、藻場などの環境情報や水質の調査結果などが分かる地理情報システムを提供開始

7月4日、大分県は県などが保有している自然環境に関する情報を重ね合わせ、地図表示で提供するシステムを公開しました。藻場、干潟などの環境情報、温泉規制図や自然公園図などの規制情報、大気や水質の調査結果などさまざまな情報を確認することができます。

スマートメーター活用のサービスについての写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2015年08月20日

新電力ネット運営事務局

スマートメーター活用のサービスについて

スマートメータとHEMSの連携により、様々なサービスを提供することが可能になると考えられています。このコラムでは、想定される新サービスや、システム全体の流れを見ていきます。