事業者の省エネ取組をクラス分けする制度開始、約1割に注意文書を送付

2016年06月02日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

事業者の省エネ取組をクラス分けする制度開始、約1割に注意文書を送付の写真

資源エネルギー庁は、本年度より省エネ取組状況に応じて事業者をクラス分けする「事業者クラス分け評価制度」を開始しました。5月31日、経済産業省は平成27年度定期報告に基づくクラス分け結果をとりまとめ公表しました。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

4段階で省エネ取り組みをクラス分け

今回の制度は、省エネ法の定期報告を提出する全ての事業者をS・A・B・Cの4段階へクラス分け、クラスに応じた対応が実施されるものです(図1)。

Sクラスの優良事業者は経産省HPで事業者名や連続達成年数を表示されます。その一方で、省エネ取組が停滞しているBクラス以下の事業者の代表者へは注意文書が送付されます。

事業者クラス分け評価制度の概要

図1 事業者クラス分け評価制度の概要 出典:経済産業省

注意文書が送付されるBクラス以下は約1割

平成27年度定期報告では、12,412事業者より報告があり、Sクラス事業者が7,775者(62.6%)、Aクラス事業者が3,430者(27.7%)、Bクラス以下の事業者が1,207者(9.7%)でした。そのため、約1割に注意文書が送付された形となります。

各クラスの水準
  1. Sクラス事業者:定期報告書(平成27度3月末確認時点)において5年間平均原単位を年1%以上低減(努力目標)またはベンチマーク目標を達成している者
  2. Aクラス事業者:SクラスにもBクラスにも該当しない者
  3. Bクラス事業者:定期報告書において努力目標未達成かつ直近2年連続で原単位が対前度年比増加、または、5年間平均原単位が5%超増加している者
  4. Cクラス事業者:Bクラス事業者の中で特に省エネ取組が不十分と判断された者

Bクラスの事業者は報告徴収・現地調査・立入検査が集中実施され、判断基準遵守状況が不十分であればCクラスとなります(図2)。

各クラスにおける実施内容

図2 各クラスにおける実施内容 出典:経済産業省

6月には現地調査の案内送付開始の予定

今後のスケジュールとして、6月に現地調査の案内送付が開始され、報告徴収が順次実施されます。その後、調査結果の精査を経て、12月に立入検査が順次実施されます。その検査結果が精査され、来年の3月には指導が順次実施(Cクラス)される予定です(図3)。

平成27年度提出の定期報告に基づくスケジュール(予定)

図3 平成27年度提出の定期報告に基づくスケジュール(予定) 出典:経済産業省

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

強靭化大賞2016、最優秀レジリエンス賞(エネルギー)では4団体が受賞の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年03月17日

新電力ネット運営事務局

強靭化大賞2016、最優秀レジリエンス賞(エネルギー)では4団体が受賞

3月15日、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会は、「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」の第2回表彰式を開催しました。次世代に向けたレジリエンス社会構築への取り組みを発掘、評価、表彰する制度となります。

地産地消、太陽光・蓄電池・ヒートポンプ・HEMSを組み合わせた住宅システムの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月31日

新電力ネット運営事務局

地産地消、太陽光・蓄電池・ヒートポンプ・HEMSを組み合わせた住宅システム

5月31日、NTTドコモ、NTTファシリティーズ、日立化成、日立情報通信エンジニアリングが共同で取り組んでいる「ドイツ連邦共和国におけるスマートコミュニティ実証事業」において、太陽光パネル、蓄電池、ヒートポンプ、HEMSを組み合わせたシステムの実証運転を開始したとNEDOは発表しました。

ドイツのダイムラー社、「メルセデスベンツ」エンブレムの蓄電池をグローバル販売の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月14日

新電力ネット運営事務局

ドイツのダイムラー社、「メルセデスベンツ」エンブレムの蓄電池をグローバル販売

メルセデスベンツなどの高級車を手掛けるドイツのダイムラー社が、オフィスや家庭で使える定置型のリチウム蓄電池をグローバル展開します。ダイムラー社ではすでに、国内では4月から販売を開始していましたが、国際展開に踏み出すことを発表しました。

100%電気の力で走る自動車のみ販売できる法案、オランダで可決可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月25日

新電力ネット運営事務局

100%電気の力で走る自動車のみ販売できる法案、オランダで可決可能性

オランダにおいて、2025年までに電気自動車以外の車両販売を禁止する法案が可決する見込みです。ガソリン車やディーゼル車だけではなく、ハイブリッド車までも規制の対象となる可能性がある内容となっています。

トヨタがスマートコミュニティJapan 2016に出展、太陽光で充電できるプリウスを初披露の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月02日

新電力ネット運営事務局

トヨタがスマートコミュニティJapan 2016に出展、太陽光で充電できるプリウスを初披露

5月30日、トヨタ自動車は、東京ビッグサイトで開催される「スマートコミュニティJapan 2016」に出展し、世界初のソーラー充電システムを搭載した新型プリウスPHVを展示すると発表しました。