秋田県で6.6万kWの風力発電事業を実施、一般家庭約4万世帯の電力に

2016年05月22日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

秋田県で6.6万kWの風力発電事業を実施、一般家庭約4万世帯の電力にの写真

5月20日、ウェンティ・ジャパン(秋田県)、三菱商事(東京)、シーテック(愛知県)の3社は、秋田県において国内最大級の風力発電事業を共同で実施すると発表しました。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

秋田県で風力発電、一般家庭4万世帯分の電力、2019年に販売開始予定

ウェンティ・ジャパン、三菱商事の100%子会社である三菱商事パワー及びシーテックの3社は、共同で「秋田潟上ウインドファーム合同会社」を設立しました。同社を通じ、風力発電事業を展開していくとしています。

今回の風力発電は秋田県潟上市及び秋田市にて設置されます(図1)。本年9月に建設工事が着手され、総事業費は200億円超となる見込みです。発電出力は約6.6万kWとなり、一般家庭約4万世帯に相当する電力を生み出します。発電する電力は2019年前半を目処に、東北電力に向けて売電を開始する予定です。

秋田潟上ウインドファーム 事業用地

図1 秋田潟上ウインドファーム 事業用地 出典:三菱商事

今回の発電事業の概要
  1. 事業主体   :秋田潟上ウインドファーム合同会社
  2. 設置場所   :秋田県潟上市及び秋田市
  3. 発電出力   :約6.6万kW(3MW級風車×22基)
  4. 年間想定発電量:約142,000MWh(一般家庭約4万世帯に相当)
  5. 出資比率   :ウェンティ・ジャパン:51.0%、三菱商事パワー:43.9%、シーテック:5.1%

ウェンティ・ジャパン、秋田県で風力発電事業を展開

ウェンティ・ジャパンは、秋田をはじめとする日本海側地域のきわめて恵まれた風資源を活用して、風力発電事業の開発を積極的に展開している企業です。運営、保守・管理などの関連付随事業も行っています。すでに、秋田県内で運転中の2つの風力発電事業に関与しています。今回の風力発電を含めると、少なくとも6箇所36基の風力発電施設を開発中です。

三菱商事、建設中を含めると約7.3万キロワットのメガソーラーを運営

三菱商事は、再生可能エネルギーについては、現在全国で建設中を含め持分容量約7.3万キロワットのメガソーラーの事業運営を行っています。今後は風力発電、地熱発電、バイオマス発電等に注力し、クリーンエネルギーの開発を推進していく方針です。また、コンビニのローソンと共同で「MCリテールエナジー株式会社」を設立、家庭向け電力小売事業に参入しています。

シーテック、今回の風力発電事業を含め15万キロワットの運営

シーテックは、中部電力グループの中核企業として電力流通設備の建設・保守業務を行っています。低炭素社会の実現に貢献すべく、太陽光・風力・水力発電等の再生可能エネルギー事業に幅広く取り組んでいます。風力発電に関しては、これまで、「ウインドパーク美里」など三重県を中心に事業運営しています。今回の風力発電開発により、風力発電事業として、持分容量15万キロワットの開発・運営に係わることになります。

秋田県の風力発電ポテンシャル、全国で4位

秋田県の風力発電ポテンシャルは高く(図2)、特に沿岸部は全国でも有数の風況に恵まれた地域です。そのため、多くの風力発電所の開発が進められています。今回の発電事業も、こうした豊富な風資源を活用すべく、秋田県が実施した県有保安林での風力発電事業の公募に応じて開発されたものです。

陸上風力の都道府県別の賦存量分布状況

図2 陸上風力の都道府県別の賦存量分布状況 出典:環境省

全国における陸上風力のポテンシャルは都道府県別でみると、北海道が最も高いです。北海道の中では道東地域が最も高く、道北地域、道南地域、道央地域と続きます。

北海道の次に青森県のポテンシャルが高く、岩手県、秋田県と続くので、今回の風力発電が建設される秋田県は全国で4位となります(表1)。東北各県のポテンシャルが高い結果となっており、今後も開発が進んでいくことが期待されます。

風速区分 全国 道北 道東 道央 道南 青森県 岩手県 宮城県 秋田県
5.5~6.5m/s 71834 4046 9828 3403 4238 2987 2528 1122 2992
6.5~7.5m/s 39128 4158 3511 2223 2149 2328 1834 510 1623
7.5~8.5m/s 15421 1613 1134 713 935 955 1036 239 524
8.5m/s以上 5849 615 718 178 615 646 709 103 248
合計(万kW) 132233 10432 15192 6516 7936 6916 6107 1973 5386
100.0% 7.9% 11.5% 4.9% 6.0% 5.2% 4.6% 1.5% 4.1%
風速区分 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
5.5~6.5m/s 1564 2319 732 264 400 78 2839 167 850
6.5~7.5m/s 796 1257 129 133 168 20 820 116 158
7.5~8.5m/s 394 534 18 75 86 3 115 95 2
8.5m/s以上 230 205 0 56 41 0 1 53 0
合計(万kW) 2984 4314 879 529 694 100 3775 431 1010
2.3% 3.3% 0.7% 0.4% 0.5% 0.1% 2.9% 0.3% 0.8%
風速条件 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
5.5~6.5m/s 1418 438 1372 914 305 1386 1115 1748 1406
6.5~7.5m/s 673 196 368 512 64 566 529 812 697
7.5~8.5m/s 293 63 94 243 23 240 237 252 226
8.5m/s以上 89 77 17 89 17 113 109 77 15
合計(万kW) 2474 774 1851 1758 409 2306 1990 2888 2344
1.9% 0.6% 1.4% 1.3% 0.3% 1.7% 1.5% 2.2% 1.8%
風速条件 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県
5.5~6.5m/s 820 568 781 139 1267 504 989 747 1554
6.5~7.5m/s 581 340 431 62 557 326 609 309 913
7.5~8.5m/s 287 188 181 9 192 189 236 165 282
8.5m/s以上 70 89 11 0 16 64 34 37 32
合計(万kW) 1758 1184 1403 210 2033 1082 1869 1258 2780
1.3% 0.9% 1.1% 0.2% 1.5% 0.8% 1.4% 1.0% 2.1%
風速条件 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県
5.5~6.5m/s 604 1341 1433 784 155 863 987 744 408
6.5~7.5m/s 249 403 681 391 35 560 540 241 196
7.5~8.5m/s 111 138 169 128 2 222 185 40 29
8.5m/s以上 13 30 5 56 0 63 49 0 0
合計(万kW) 977 1912 2289 1359 192 1708 1760 1025 632
0.7% 1.4% 1.7% 1.0% 0.1% 1.3% 1.3% 0.8% 0.5%
風速条件 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
5.5~6.5m/s 1023 1131 1016 1030 2381 110
6.5~7.5m/s 1108 469 433 477 1575 1295
7.5~8.5m/s 245 97 100 137 1171 777
8.5m/s以上 6 3 11 9 180 50
合計(万kW) 2383 1701 1560 1652 5308 2232
1.8% 1.3% 1.2% 1.2% 4.0% 1.7%

表1 風力ポテンシャルの詳細(万kW) 出典:環境省資料より作成

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

太陽光発電で飛ぶ飛行機、1時間当たりの電力料金はわずか1ドルの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月08日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電で飛ぶ飛行機、1時間当たりの電力料金はわずか1ドル

航空機メーカーである米Aero Electric Aircraft(AEAC)(デンバー州)は、太陽光発電を利用してモーターを駆動させて飛ぶ「Sun Flyer(サンフライヤー)」を開発、試作機を発表しました。CO2排出ゼロかつ運用コストを抑えられ、騒音も少ない特性を持ちます。

秋田県で6.6万kWの風力発電事業を実施、一般家庭約4万世帯の電力にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月22日

新電力ネット運営事務局

秋田県で6.6万kWの風力発電事業を実施、一般家庭約4万世帯の電力に

5月20日、ウェンティ・ジャパン(秋田県)、三菱商事(東京)、シーテック(愛知県)の3社は、秋田県において国内最大級の風力発電事業を共同で実施すると発表しました。

太陽光発電で電源供給するトラック、熊本地震の被災地に派遣の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月16日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電で電源供給するトラック、熊本地震の被災地に派遣

6月14日、電源供給車「ソーラーパワートラック」が熊本地震の被災地へ出発しました。このソーラーパワートラックの派遣は、地球温暖化防止をテーマに活動をするNPO法人エコロジーオンライン(栃木県)と、災害・環境NPO法人グリーンパワーファクトリー(神奈川県)が共同で立ち上げた「Green Power for くまもと」によるものです。

再エネ普及目標から見る今後の固定価格買取制度の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2015年10月15日

新電力ネット運営事務局

再エネ普及目標から見る今後の固定価格買取制度

エネルギー基本計画(平成26年4月閣議決定)に基づき決定された長期エネルギー需給見通しが平成27年7月に公表されました。そこで示された2030年エネルギー基本計画の再エネ普及目標から固定価格買取制度を概観します。

「じぶん電力」、プラン契約者が自分で再エネ電力の発電と利用をする仕組みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年08月08日

新電力ネット運営事務局

「じぶん電力」、プラン契約者が自分で再エネ電力の発電と利用をする仕組み

前回のコラムでは、新電力会社における環境配慮について見てきました。今回のコラムでは、日本エコシステムによる「じぶん電力」を参考に、電気料金プランによって再生可能エネルギーの普及を促す事例について見ていきたいと思います。