再生可能エネルギーへの投資額が過去最高、前年比で5%の増加に

2016年03月26日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

再生可能エネルギーへの投資額が過去最高、前年比で5%の増加にの写真

3月24日に国際連合環境計画(UNEP)が発表した報告書によると、2015年の再生可能エネルギーへの投資額が過去最高になりました。発展途上国の投資額も先進国を初めて上回ります。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

2015年は32兆円以上の再エネ投資、1年前から約5%増加

世界の再生可能エネルギーへの総投資額が、2015年度で2859億ドル(約32兆円)と過去最高に達しました。2014年度は2730億ドルだったので、前年度比で約5%の増加となります。

これまでの最高記録は、ドイツとイタリアで太陽光発電を屋根に設置することがブームになった2011年の2785億ドルでしたが、記録を約3%高く塗り替えた形となります(図1)。

世界の再生可能エネルギー投資額の推移

図1 世界の再生可能エネルギー投資額推移 出典:United Nations Environment Programme

2004年から2015年の12年間で、再生可能エネルギーへの総投資額は約2兆3000億ドル(約260兆円)となりました。年度ごとに見ると、2004年の当時は466億ドル程度の投資規模であったのに対し、2015年では2859億ドルと6倍以上に成長していることが分かります。

発展途上国の投資が先進国を初めて上回る

2015年の成長をけん引したのは、発展途上国の投資増加です。これまでは先進国が投資額の過半数を占めていましたが、初めて逆転されました(図2)。

途上国と先進国の再エネ投資額

図2 途上国と先進国の再エネ投資額 出典:United Nations Environment Programme

発展途上国の中では、中国とインドの投資額の大きさが際立ちます。特に中国は1029億ドルであり、世界全体の3分の1以上です。1年前の2014年度と比較すると、中国は17%、インドは22%増加しています(図3)。

各国の再生可能エネルギー投資額

図3 上位10ヶ国の再生可能エネルギー投資額 出典:United Nations Environment Programme

太陽光発電の投資額が過半数、次点で風力発電

再生可能エネルギーの中で、太陽光発電の投資額が最も高く、1610億ドル(前年比12%増加)となります。次点で風力の1100億ドル(前年比4%増加)であり、太陽光と風力のみで全体の9割以上を占めます。バイオマスや地熱など、その他の再生可能エネルギーに関しては、まだまだ投資額が少なく、かつ前年と比較すると投資が落ち込んでいることが分かります(図4)。

再生可能エネルギーの電源別投資額

図4 再生可能エネルギーの電源別投資額 出典:United Nations Environment Programme

再生可能エネルギーの新規発電量、火力・原子力・大規模水力などより12%以上上回る

2015年度の発電能力については、再生可能エネルギーによる発電量の増加分が、石炭・天然ガス・原子力・大型水力(50MW以上)など、その他の技術を合算した値を上回りました。再生可能エネルギーは134GWであり、その他の発電は119GWなので、12%以上大きい数値です(図5)。

世界の再生可能エネルギーと原子力・火力発電の割合

図5 世界の電源別発電量 出典:United Nations Environment Programme

投資額に関しても火力・原子力・大規模水力などを上回る

2015年度の再生可能エネルギー(大規模水力や小規模バイオマスを除く)の投資額は、約2650億ドルです。再生可能エネルギー以外では、化石燃料で1300億ドル、原子力で200億ドル、大規模水力で430億ドルのため、合計値で1930億ドルです。再生可能エネルギーへの投資額がその他の合計値を37%ほど上回っていることが分かります(図6)。

世界の再生可能エネルギーと原子力・火力への投資額

図6 世界の電源別投資額 出典:United Nations Environment Programme

再生可能エネルギーへの投資額は堅調に伸びており、新規発電量においては、2015年に初めて再生可能エネルギーがその他の発電を上回りました。しかし、世界の全総電能力における、再生可能エネルギーの割合は、16%に留まっています。実際の発電量の割合はさらに低く、10%ほどのため、まだまだ火力などの発電が大部分を占めていることが分かります(図6)。

世界の再生可能エネルギー発電の割合

図6 世界の再生可能エネルギー発電の割合 出典:United Nations Environment Programme

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

太陽光発電の買取価格決定、新たな事業戦略への道筋を考察の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年02月25日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電の買取価格決定、新たな事業戦略への道筋を考察

2月22日、調達価格等算定委員会は、2016年度の太陽光発電買取価格案をとりまとめました。住宅用・非住宅用ともに買取価格は引き下げられており、固定価格買取制度に頼らない新たな事業について考察します。

環境NGO、再エネ重視の新電力を紹介・応援、グリーン電力求める声に応じるの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月23日

新電力ネット運営事務局

環境NGO、再エネ重視の新電力を紹介・応援、グリーン電力求める声に応じる

電力自由化に伴い誰でも電力会社を選択できるようになった今、グリーン電力を求める消費者に正しく情報を伝える必要性が高まっています。そこで、環境NGOであるFoE Japanの吉田明子氏に、再エネ重視の企業を応援する「パワーシフト・キャンペーン」について話を聞きます。

スターバックス、太陽光でUSB充電できる椅子を3店舗で導入の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年10月31日

新電力ネット運営事務局

スターバックス、太陽光でUSB充電できる椅子を3店舗で導入

東京都地球温暖化防止活動推進センターは、スターバックスと連携し、椅子型のソーラー充電スタンドを設置すると発表しました。この椅子により、USBの給電ポートにてPCやスマートフォンを充電しながら、スターバックスの空間を満喫することが可能となります。

地熱発電・開発における市場規模推移と今後の展望の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年03月11日

新電力ネット運営事務局

地熱発電・開発における市場規模推移と今後の展望

FIT対象の1つである地熱発電が、近年注目を集める発電方法になりつつあります。このコラムでは、数回にわけて、地熱発電の市場規模と魅力/立ちはだかる問題/今後の可能性について記載することで、地熱発電への理解促進を少しでも進めたいと思います。

Apple、2015年の再エネ利用率が93%に、2012年から約30%増加の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月02日

新電力ネット運営事務局

Apple、2015年の再エネ利用率が93%に、2012年から約30%増加

アースデイである4月22日、Appleは自社における再生可能エネルギーの利用率が93%に達したことを発表しました。Appleは100%を再生可能エネルギーでまかなう目標を掲げており、太陽光発電など再エネの導入を積極的に進めています。