再エネ賦課金、2016年度は201円増の675円/月で電気料金の約8%負担に

2016年03月22日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

再エネ賦課金、2016年度は201円増の675円/月で電気料金の約8%負担にの写真

3月18日、経済産業省は2016年度における再生可能エネルギー発電促進賦課金を発表しました。発表によると、標準的な家庭において、前年度に比べ201円増の月675円になる見込みです。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

再エネ賦課金について

固定価格買取制度は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーから作った電力を一定期間、経済的に有利な固定価格で買い取る仕組みです。この仕組みにより、太陽光発電など再生可能エネルギーの設置者は金銭的な補助を受けられます。

補助に充てる原資は、家庭や企業など電気利用者が電気料金の一部として負担することになっており、これを「再生可能エネルギー発電促進賦課金(以下、再エネ賦課金)」といいます(図1)。

電気料金の構成

図1 電気料金の構成

再エネ賦課金の2016年度は2円25銭/kWh

2016年度の再生可能エネルギー発電促進賦課金は、2円25銭/kWhに決定しました。固定価格買い取り制度が始まった12年度は0.22円だったので、10倍以上になっています。

再エネ賦課金の推移
平成24年 0.22円/kWh
平成25年 0.35円/kWh
平成26年 0.75円/kWh
平成27年 1.58円/kWh
平成28年 2.25円/kWh
月間の費用負担は675円、電気料金の8%近くの金額に

経済産業省が発表した、平均的モデル家庭の電力使用量300kW/月の場合、月間の再エネ賦課金は675円になります。東京電力の従量電灯Bに当てはめると、約8000円のため、電気料金の8%近い金額となります。

年間で計算すると、8100円の計算となります。こちらも、12年度の792円と比較すると10倍以上になっており、かつ再エネ賦課金は今後も増えていく可能性が高いです。なぜならば、固定価格での買取期間は10~20年スパンであるため、制度が始まった2012年から10年後の2022年までは再エネの普及に伴い、金額が上乗せされる形になるからです。

再エネ賦課金の費用負担
平成24年 66円/月
792円/年
平成25年 105円/月
1260円/年
平成26年 225円/月
2700円/年
平成27年 474円/月
5688円/年
平成28年 675円/月
8100円/年

再エネの普及は、温室効果ガスの削減を筆頭に、国内外の再エネ市場形成など、多岐にわたるメリットがありますが、その分費用負担も必要です。そのため、電力の消費者にとっては、省エネの推進や減免措置の利用など、自衛も必要になってくると思います。

また、経産省は再エネ賦課金を引き下げるため、参入が集中している太陽光発電の買い取り価格を引き下げ、風力やバイオマスなど他の発電へのシフトを促すといいます。また、入札制の導入などで、発電コストの低い事業者を優先する政策をとるとしており、費用負担増加の歯止めが期待されます。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

環境NGO、再エネ重視の新電力を紹介・応援、グリーン電力求める声に応じるの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月23日

新電力ネット運営事務局

環境NGO、再エネ重視の新電力を紹介・応援、グリーン電力求める声に応じる

電力自由化に伴い誰でも電力会社を選択できるようになった今、グリーン電力を求める消費者に正しく情報を伝える必要性が高まっています。そこで、環境NGOであるFoE Japanの吉田明子氏に、再エネ重視の企業を応援する「パワーシフト・キャンペーン」について話を聞きます。

固定価格買取制度、2017年3月31日までに接続契約で現行の価格や仕組み維持の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月13日

新電力ネット運営事務局

固定価格買取制度、2017年3月31日までに接続契約で現行の価格や仕組み維持

第190回通常国会にて、固定価格買取制度の根拠となる法律の改正法が5月25日に成立、6月3日に公布されました。現状の固定価格買取制度の価格などを維持するには、2017年3月31日までに接続契約し、速やかに運転開始する必要があります。

地熱発電・開発における市場規模推移と今後の展望の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年03月11日

新電力ネット運営事務局

地熱発電・開発における市場規模推移と今後の展望

FIT対象の1つである地熱発電が、近年注目を集める発電方法になりつつあります。このコラムでは、数回にわけて、地熱発電の市場規模と魅力/立ちはだかる問題/今後の可能性について記載することで、地熱発電への理解促進を少しでも進めたいと思います。

太陽光発電でディズニーがミッキーを描く、未来体験のエプコット近辺での写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月14日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電でディズニーがミッキーを描く、未来体験のエプコット近辺で

アメリカのウォルトディズニー・ワールドと電力大手のデューク・ネルギーは、ミッキーマウスの形状に配置した太陽光発電設備をオープンしたと発表しました。空から見て初めてミッキーとわかるような、広大な敷地に太陽光パネルを敷き詰めています。

新電力における環境配慮を考える、各施策の概要と今後の展望の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年07月01日

新電力ネット運営事務局

新電力における環境配慮を考える、各施策の概要と今後の展望

電力自由化に伴い様々な新電力が参入し、環境配慮を意識した経営を打ち出す企業も増えてきております。このコラムでは、新電力企業におけるグリーン電力供給など、環境配慮の方法と今後の展望について見ていきます。