凸版印刷が電子ペーパーPOP開発、電気代いらずで販促強化

2016年03月10日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

凸版印刷が電子ペーパーPOP開発、電気代いらずで販促強化の写真

3月10日、凸版印刷(本社:東京都千代田区)は、屋内の光だけで稼働する電子ペーパーPOPを開発したと発表しました。スーパーやドラッグストアなどの店頭販促向けPOPとして、2016年度内のサンプル出荷を目指します。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

印刷業界2強の一角、電子ペーパーPOPで環境負荷低減、高い顧客訴求力も

凸版印刷が開発した電子ペーパーPOPは、太陽光パネルの発電のみで稼働するため、メンテナンスフリーとなります。

液晶パネル型POPの場合、紙と比較すると訴求力を高めることが可能ですが、電力確保や電池交換が必要です。さらに、定期的なメンテナンス・設置場所の制限・環境負荷の大きさが課題となっていました。凸版印刷の電子ペーパーPOPは、液晶パネルが抱えていた課題を解決する特性を持っています。

環境負荷低減

電子ペーパーは電力消費量が非常に少ないです。そのため、屋内の光さえあれば太陽光パネルの電力のみで稼働可能であり、かつ繰り返し使用することが可能となります。

リユースによる継続利用が可能

POPに表示する内容は表面のフィルムを差し替えるだけで簡単に変更することが可能です。従来の使い捨てPOPとは異なり、リユースによる継続利用を実現しています。

高い顧客訴求力

電子ペーパーの特長を活かした表示情報の強調が可能であり、消費者に向けて高い訴求力を発揮します(図1)。従来POPとの差別化を図ることができます。

電子ペーパーを利用したPOPの写真

図1 電子ペーパーPOPのイメージ 出典:凸版印刷

これまでも高い技術で電子ペーパーの成長を牽引

凸版印刷による電子ペーパの応用は多岐にわたり、例えば2016年2月10日には、電子ペーパー技術を活用したイヤーアクセサリ「VIEWS(ビューズ)」を開発したと発表しました。正三角形のセグメント型カラー電子ペーパーを正四面体の側面に搭載することで、それぞれの絵柄を好みのデザインに書き換えられるイヤーアクセサリとなります(図2)。

「VIEWS(ピアス形状)」(左)と、「VIEWS(イヤリング形状)」の装用イメージ(右)

図2 「VIEWS(ピアス形状)」(左)と、「VIEWS(イヤリング形状)」の装用イメージ(右) 出典:凸版印刷

電子ペーパーに関する国内初の試みとしては、例えば「白黒赤の3色に表示切替が可能なフレキシブル電子ペーパーディスプレイ」の開発が挙げられます。薄くて曲げることができ、白黒赤の3色に表示切替が可能な部分が特徴です。他にも、「バッテリーレスで無線LANによる表示書き換えが可能なタブレットサイズの電子ペーパー表示機」を国内初で開発しており、今後も高い技術力を活かした製品開発が期待されます。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

平成28年度の新エネ大賞決定、IHIと新日鐵住金による高比率バイオマス混焼の火力発電などが受賞の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月23日

新電力ネット運営事務局

平成28年度の新エネ大賞決定、IHIと新日鐵住金による高比率バイオマス混焼の火力発電などが受賞

2月15日、平成28年度の新エネ大賞表彰式が東京ビッグサイトにて開催されました。経済産業大臣賞1件、資源エネルギー庁長官賞2件、新エネルギー財団会長賞4件、審査委員長特別賞1件の合計8件が選ばれ、賞状と副賞(楯)の授与が行われました。

世界初、楽天ドローンによる長距離の荷物配送に成功、南相馬市が連携協力の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月22日

新電力ネット運営事務局

世界初、楽天ドローンによる長距離の荷物配送に成功、南相馬市が連携協力

2月16日、南相馬市は「ドローンなどを活用した物流システムの構築」などが盛り込まれた連携協定を楽天と締結したと発表しました。締結式では、楽天が取り組んでいるドローンを活用した配送サービス「そら楽」のデモンストレーションが行われました。

コンビニ初、ローソンが慶大とIoT活用でBELS「五つ星+ZEB認証」、電力調達を6割削減見込みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月14日

新電力ネット運営事務局

コンビニ初、ローソンが慶大とIoT活用でBELS「五つ星+ZEB認証」、電力調達を6割削減見込み

2月13日、ローソンは「バーチャルパワープラント構築実証事業」の一環として環境配慮店舗をオープンすると発表しました。慶應義塾大学SFC研究所と共に、IoT化された機器による制御・節電を通じて電力リソース創出の実証実験を行うものです。

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年01月26日

新電力ネット運営事務局

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所

2017年1月、インドのCarbon Clean Solutions社は、世界初となる政府による補助金を活用しないCO2回収技術を用いた石炭火力発電の計画を発表しました。これまで高コストであったCO2回収技術を半分以下に抑えることで、補助金なしのビジネス展開を可能としています。

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始

これまで、砂漠のように気候条件が厳しく水が少ない地域では、農業を営むことが難しいとされてきました。今回オーストラリアで開始された「Sundrop Farm」は、太陽光と海水を利用することにより、従来は農業に適さないとされた地域でも、高品質な生産物を生み出せるポテンシャルがあります。