中国電力、カープ応援メニューで野球ファンの需要取り込み、首都圏にも進出

2016年03月08日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

中国電力、カープ応援メニューで野球ファンの需要取り込み、首都圏にも進出の写真

3月7日、中国電力は首都圏の需要家に対し、新プランの提供を発表しました。野球球団(広島東洋カープ)とのコラボが特徴的であり、カープの公式戦勝利や年間成績に応じた追加特典ポイントを進呈する内容です。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

中国電力の首都圏向けプラン、「ぐっとずっと。プラン シンプルコース」

中国電力は、電力の小売全面自由化が開始される4月から首都圏(栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県,離島を除く東京都、神奈川県、山梨県、富士川以東の静岡県)において、「ぐっとずっと。プラン シンプルコース」を提供します。申込み受付は、3月8日(火)から中国電力のWEBサイト上にて開始されます。

プロ野球チームである広島東洋カープとのタイアップを実現した料金プランとなっており、野球ファンの需要取り込みが期待されます(図1)。

中国電力の料金プラン概要

図1 「ぐっとずっと。プラン シンプルコース」の概要 出典:中国電力

電気料金は基本料無料、従量料金のみのシンプルな構成

「ぐっとずっと。プラン シンプルコース」は、基本料金がない部分が特徴的です。電気の使用量に一律の料金単価(25.62円/kWh)を乗じて料金を算定する形となります(図2)。

中国電力の料金プラン詳細

図2 料金プランの単価 出典:中国電力

東京電力の従量電灯と比較し料金を安く設定

月の電気使用量が600kWh(60アンペア)の場合、東京電力の従量電灯Bと比較して、年間約17000円(9%)安い金額となります。電気の利用量が多くなるほど、メリットが発生する構成となっております(図3)。

中国電力の料金と東京電力の料金比較

図3 中国電力と東京電力の比較 出典:中国電力

野球とポイント、2つのお得なサービス

「ぐっとずっと。プラン シンプルコース」では、ポイントが貯まる「エネルギアポイントサービス」と、成績や記録達成などでポイントが貯まる「カープ応援メニュー」で料金メリットを打ち出します。

エネルギアポイントサービス

「エネルギアポイントサービス」は、毎月の電気料金やコンテンツへの参加でポイントが貯まります。貯まったポイントは、中国地域の特産品や、カープ応援メニューをはじめとするコラボレーションメニューなど、中国地域の魅力を集めた商品やサービスと交換することが可能です(図4)。

エネルギアポイントサービスの概要

図4 エネルギアポイントサービスの概要 出典:中国電力

「コラボレーションメニュー」(カープ応援メニュー)

プロ野球チームと電力会社がコラボレーションした、全国初のサービスとなります。カープの公式戦勝利や年間成績に応じた追加特典ポイントを進呈する内容です。また、黒田投手の200勝、新井選手の2000本安打の際にも、イベントポイントを進呈することとなっています。加えて、応募者を対象に抽選で500名を「エネルギア ぐっとずっと。 ナイター」に招待するキャンペーンを発表しました。当日の始球式やCCダンスなどにも参加可能なイベントを用意する、としています(図5)。

カープ応援メニューの概要

図5 カープ応援メニューの概要 出典:中国電力

ドイツでは、サッカーで再エネの関心を高める事例も

これまで見てきたように、中国電力は野球という観点から需要家にアプローチしました。スポーツを利用したプログラムとして、以下ではドイツにおけるサッカーを活用した再エネ普及の手法をご紹介したいと思います。

ドイツのフライブルクには、プロサッカーチームであるSCフライブルクのスタジアムがあり、このスタジアムの屋上に設置された太陽光パネルは市民が一口5000ユーロ程度で購入できます。一口当たりの発電量は500W程度であり、発電した電気は固定価格買取制度を活用して売電され、出資者は配当を得ることができます。

このシステムはレギオ・フライブルク・エネルギー&ソーラー振興協会によるものであり、市民出資の太陽光発電プロジェクトの一環で行われています。このプロジェクトは、無料で屋根を提供した団体の屋上に太陽光発電装置を設置し、設置費用を出資した市民に対し、売電による配当金を支払うものです。この中でもフライブルクスタジアムの出資は、チケットを優先的に入手できるなどの特典もあり、人気がありました。これは、スポーツを活用し再生可能エネルギーに全く関心のない層にアプローチすることができた結果であるといえます。

中国電力の料金プランにおいても、野球という切り口から、普段は電気の切り替えに関心のない層に対して訴求していくことが期待されます。

フライブルクスタジアムの風景

SCフライブルクスタジアムの太陽光パネル

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

環境不動産とESG投資による新電力を活用したCSRの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2015年11月26日

新電力ネット運営事務局

環境不動産とESG投資による新電力を活用したCSR

環境不動産とは、環境配慮の考えに基づいて開発・建築される「持続可能で環境価値の高い不動産」のことです。この環境不動産を活用した新電力事業の可能性について考察します。

ビルオーナーとテナントによる新電力事業の可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2015年11月16日

新電力ネット運営事務局

ビルオーナーとテナントによる新電力事業の可能性

新電力への切り替えは、テナントの方にとっては簡単ではありません。基本的に建物ごとの契約となるため、オーナーの理解が必要なためです。そこで、グリーンリースの考えを取り入れた新電力事業の可能性について考察します。

【ガス自由化】熱供給事業における代理店等の営業指針、議論開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年02月05日

新電力ネット運営事務局

【ガス自由化】熱供給事業における代理店等の営業指針、議論開始

2月5日、基本政策分科会のガスシステム改革小委員会が開催されました。その中では、同時同量や託送、経過措置料金規制などについて議論されましたが、このコラムでは熱供給事業の営業指針について概観します。

ガス事業と電力事業の円滑な相互参入の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2015年10月02日

新電力ネット運営事務局

ガス事業と電力事業の円滑な相互参入

小売り自由化に伴いガス・電力の垣根が撤廃され、既存のビジネスモデルを変革する新しい事業の在り方が生まれると想定されます。海外の事例を基に、今後のガスと電力の相互参入についてみていきます。

東京電力、25社の小売電気事業者に対し誤った電気使用量データを送付の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月28日

新電力ネット運営事務局

東京電力、25社の小売電気事業者に対し誤った電気使用量データを送付

6月24日、東京電力は25社の小売電気事業者に対し、誤った電気使用量データを送付したと発表しました。月間電気使用量では1646件に及ぶ規模となります。この問題により、小売電気事業者が電気料金を過大に請求している可能性が浮上しました。