電気代と電車・バス代が一挙両得の東急プラン、申込件数の伸びも堅調

2016年03月07日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

電気代と電車・バス代が一挙両得の東急プラン、申込件数の伸びも堅調の写真

東急グループの電気供給の歴史は古く、大正11年(1922年)の富士瓦斯紡績との電力受給契約にまで遡ります。1941年には53万燈以上の契約を保有していた東急グループが設立した東急パワーサプライの電気料金プランについて、その概観を見ていきたいと思います。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

電車でおなじみ、東急電鉄が電力小売りに参入

東急電鉄が設立した東急パワーサプライは、家庭向けにおいては、東京電力のプランである「従量電灯B」、「従量電灯C」に相当する2種類のプランを発表し、いずれも基本料金と電力量料金の両方の単価を東京電力より安く設定しました。2月24日、東急線沿線の居住者からの好評を受け申込件数が2万件を突破したとの発表もあり、堅調に電力市場へ参入していると考えられます。

3つのサービスで付加価値の向上

東急パワーサプライの料金プランは、電気代単価の安さに加え、3つのサービスで顧客獲得を狙います。

まず1つ目のサービスとして、東急ならではの強みを活かし、電車とバスでポイントの貯まるオプションが用意されています。具体的には、急線のPASMO定期券購入や、PASMOオートチャージサービス等で付与される「TOKYU POINT」が2倍になります。その他にも、月に4回以上のバス乗車といった条件でポイントが抽選であたるキャンペーンなども展開しています。

2つ目は、「イッツコム」というケーブルテレビに加入している場合は、「イッツコム」のサービス利用料が毎月最大350円お得になるサービスです。

3つ目は、電気の支払いを「TOKYU CARD」で支払うと、電気料金の最大1%分のTOKYU POINTが貯まるサービスがあります。

それぞれのサービスは併用が可能であり、目安として月に電気を13000円利用する需要家であれば、①「TOKYU POINが2倍」で268円、②「イッツコム割引」で350円、③「電気料金をTOKYU CARD支払い」で126円、そして電気代自体も307円お得になる可能性があります(図1)。

東急でんきと各種サービス併用による電気代削減

図1 東急でんきと各種サービスの節約イメージ 出典:東急パワーサプライ

家庭向けには2種類の料金プランを提供

家庭向けにおいては、比較的電力使用量の少ない需要家を対象とした「従量電灯B」と、多くの電気を利用する需要家を対象とした「従量電灯C」を提供します。

従量電灯B

従量電灯Bの場合、東京電力(従量電灯B)と比較した時の基本料金の割引率は、契約電力が30A以上の場合で最大9.6%になります。従量料金においては、月間使用量が300kWh(目安:月に8100円)までは0.1%安く、300kWh以上になると最大で5%安くなります(図2)。

東急電鉄の電気料金早見表

図2 従量電灯Bの電気料金比較 出典:東急パワーサプライ

従量電灯C

従量電灯Cの基本料金は、東京電力(従量電灯C)よりも10%安くなっています。従量電灯Bプラン同様、毎月の使用料が300kWhを超えると、東京電力の単価よりも電力量料金が約5%安くなります。

従量電灯Cの料金

図3 従量電灯Cの電気料金比較 出典:東急パワーサプライ

低圧向けにもプランを用意

家庭向け以外では、低圧向けにもプランを1種類提供しています。従来の東京電力プランと比較すると1%安くなる料金設定となっております。

供給地域

東急パワーサプライの供給エリアは、現在のところ東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・静岡県の一部(富士川以東)です(離島を除く)。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

暮らしを豊かにする電力サービス、IoTがもたらす新電力事業の新たな可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年08月18日

新電力ネット運営事務局

暮らしを豊かにする電力サービス、IoTがもたらす新電力事業の新たな可能性

今後の電力業界においては、"モノ"がインターネットとつながる「IoT」が一つの大きなテーマになるといわれています。今回のコラムでは、このIoTがもたらす新電力事業の新たな可能性について、その概要を見ていきたいと思います。

中国電力、カープ応援メニューで野球ファンの需要取り込み、首都圏にも進出の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年03月08日

新電力ネット運営事務局

中国電力、カープ応援メニューで野球ファンの需要取り込み、首都圏にも進出

3月7日、中国電力は首都圏の需要家に対し、新プランの提供を発表しました。野球球団(広島東洋カープ)とのコラボが特徴的であり、カープの公式戦勝利や年間成績に応じた追加特典ポイントを進呈する内容です。

新電力とアニメのタイアップ、森林保全やジブリグッズのプレゼントもの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月19日

新電力ネット運営事務局

新電力とアニメのタイアップ、森林保全やジブリグッズのプレゼントも

今回のコラムでは、丸紅とジブリのタイアップ、「プランG」の電気料金プランについて見ていこうと思います。「美術館への電力供給」など、アニメーションに関心のある需要家に対し、電気について関心を持ってもらえるようなオプションが用意されています。

地図をつかって勝ち残る電力自由化、地理情報システム(GIS)の新たな可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月28日

新電力ネット運営事務局

地図をつかって勝ち残る電力自由化、地理情報システム(GIS)の新たな可能性

電力自由化により異業種・代理店参入が加速する中、他社から一歩先んじるマーケティングの重要性が高まりつつあります。そこで、GIS(地理情報システム)で世界最大のシェアを誇るESRIジャパンの方々に、地図を使ったマーケティングと電力自由化について話を聞きます。

異業種からの参入事例、三菱商事とローソンが立ち上げた新電力「MCリテルエナジー」の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月24日

新電力ネット運営事務局

異業種からの参入事例、三菱商事とローソンが立ち上げた新電力「MCリテルエナジー」

前回のコラムでは、異業種から電力小売りに参入した企業によるビジネスの概要をみてきました。今回は、異業種から電力小売りに参入した実際の事例として「MCリテールエナジー」をご紹介したいと思います。