大阪ガスの電気、ガスとのセット割で年間約3700円お得に

2016年02月23日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

大阪ガスの電気、ガスとのセット割で年間約3700円お得にの写真

電力自由化に向け、4大都市ガス事業者の一つである大阪ガスが一般家庭向けの料金プランを発表しました。このコラムでは、大阪ガスが販売する電力の概観を見ていきたいと思います。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

都市ガス第2位の大阪ガスが電力小売に参入

関西地方を中心にガス供給を行っている大阪ガスは、関西電力エリアを中心に電力を供給する予定です。電気とガスのセット割を提供しており、最大で関西電力よりも最大5%安くなるプランを公表しました。その他にも大阪ガスの会員サイト「マイ大阪ガス」では、一時間ごとや月々の電力使用量・料金を確認や比較ができるため、利用者の省エネ・エコな暮らしを支えます。

大阪ガスによる電気の割引率

出典:大阪ガス

大阪ガスの料金プラン

ベースプランA

1つ目のプランは、関西電力の「従量電灯A」に相当する一般家庭向けのものです(図1)。

大阪ガスのベースプランAと関西電力の従量電灯Aの比較

図1 ベースプランAと従量電灯Aの比較 出典:大阪ガスと関西電力

基本料金が関西電力の方が割安な為、使用量が比較的少なめな家庭(250kWh:月間6600円程度)では関西電力の方が電気料は安くなります。250kWhあたりを超えると、大阪ガスの「ベースプランA」が割安になります。たくさん電気を使う家庭ほど、割引率が高くなります。

ガスと電気のセット販売や、長期2年間契約割引も提供しています。ガスとのセット割引では、料金から1%、長期2年間では2%割り引かれます。関西電力での従量電灯Aによる年間使用量が124400円の場合、ガスとのセット割引で約3700円、さらに長期2年間契約の割引も付加すると、6200円お得になります(図2)。

年間の電気料金比較

図2 セット割引のイメージ 出典:大阪ガス

家庭用ガス発電プラン

2つ目のプラン「家庭用ガス発電プラン」は、ガスで電気を発電するエネファーム・エコウィル(大阪ガス製)を利用している家庭が対象です。ガスで電気と温水を供給できる製品のため、電力の使用量が通常の家庭より少なくなります。大阪ガスの「ベースプランA」と比較した場合、基本料金・電力使用量ともに低い単価に設定されています(図3)。

家庭用ガス発電プランの料金

図3 家庭用ガスプランの料金 出典:大阪ガス

「家庭用ガス発電プラン」では、電気使用量が月間200kWh(月に5100円程度)を超える場合、お得になります。しかし、「ベースプランA」のような都市ガスとのセットや2年契約の割引が利用できません。

ベースプランB

3つ目は、電力使用量が多い商店や事務所向けで、関西電力の「従量電灯B」に相当するプランです。大阪ガスの「ベースプランB」と関西電力のプラン「従量電灯B」の料金体系は大きく違います。

大阪ガスの「ベースプランB」は、最低料金が設定されていて、契約電力・電力量が超過した場合に追加料金が発生します。一方で関西電力の「従量電灯B」は、基本料金と3段階の電力量料金が設定されています。「ベースプランB」は、最低料金が月に13022円と高額ですが、それ以上の電力を利用する場合、関西電力の従量電灯Bと比較しお得となるケースが多くなります(図4)。

大阪ガスのベースプランBと関西電力の従量電灯

出典:大阪ガス

供給エリア

供給エリアは、京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)、岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)です。

電源構成

大規模な発電設備を所有しており、天然ガス火力発電を中心に、風力・太陽光発電で発電しています。火力発電においては、最新鋭・高効率の技術を用いて省エネとCO2排出量削減を積極的に行っています。

大阪ガスの電源構成

出典:大阪ガス

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

ガス自由化の流れを見る、マンションの一括受ガスや地域間販売の概要の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月18日

新電力ネット運営事務局

ガス自由化の流れを見る、マンションの一括受ガスや地域間販売の概要

本コラムでは、2017年4月から開始予定の都市ガス小売りの全面自由化について、現時点における議論の流れをまとめます。マンションにおける一括受ガスやパンケーキ問題などについて、現在進められている議論の概要を見ていきます。

電力自由化から一ヶ月、新電力切替は約82万件、各地域の趨勢を見るの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月10日

新電力ネット運営事務局

電力自由化から一ヶ月、新電力切替は約82万件、各地域の趨勢を見る

5月10日、電力広域的運営推進機関は4月30日時点で約82万件が新電力への切り替えを申請したと発表しました。全国における家庭部門の電力契約数は約7800万件のため、電力自由化が始まってから一ヶ月間で、全体の約1%が電力会社を切り替えた計算となります。

2015年度の10電力による電力販売量は7971億kWh、5年連続で需要減少の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月06日

新電力ネット運営事務局

2015年度の10電力による電力販売量は7971億kWh、5年連続で需要減少

4月28日、電気事業連合会は電力10社における2015年度分の電力需要実績について確報を発表しました。2015年度の電力需要実績は 7971億kWhであり、5年連続で減少が続いています。このコラムでは、電力需要の減少理由について見ていきます。

月に4700円以上(目安)でお得なENEOSでんき、セット割引やポイント付加もの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年02月15日

新電力ネット運営事務局

月に4700円以上(目安)でお得なENEOSでんき、セット割引やポイント付加も

電力自由化に向け、石油元売りの最大手JXエネルギーが一般家庭向けの料金プランを発表しました。このコラムでは、JXエネルギーが販売する電力の概観を見ていきたいと思います。

中部電力、誤算定によるエリアインバランス量は合計で約5億56百万kWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年01月19日

新電力ネット運営事務局

中部電力、誤算定によるエリアインバランス量は合計で約5億56百万kWh

中部電力は、1月13日に誤算定によるエリアインバランス量(kWh)報告値への影響を経産省に報告しました。誤算定によるエリアインバランス量は合計で約5億56百万kWhとなります。