東京ガス、月に1万円利用で年間約8500円割引のプランで電力参入

2016年02月17日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

東京ガス、月に1万円利用で年間約8500円割引のプランで電力参入の写真

電力自由化に向け、ガス業界で約40%のシェアを誇る国内最大手の東京ガスが料金プランを発表しました。このコラムでは、東京ガスが販売する電力の概観を見ていきたいと思います。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

世界最大規模・国内最大手のガス会社が電力小売りに参入

ガス最大手の東京ガスは、電力の小売り参入に乗り出しました。電気代のメリットだけではなく、電気とガスのダブルセット割、インターネットとのトリプル割を提供します。その他にもポイントサービスを展開、インフラ事業であることを活かした範囲の経済によるシェア拡大が期待できます。

ガスと電気のセット割

東京ガスからガスを購入し、かつ東京ガスの電気も契約すると、電気料金の基本料金(月額)から270円割引されます。ガスと電気のダブル割引により、東京電力の従量電灯B/Cプランで月に約1万円利用している需要家は、年間約8500円お得になります。

ガスと電気のダブルセット割引

出典:東京ガス(割引額は条件によって変動)

インターネットもセットでトリプル割

「ガス・電気セット割」に、インターネットを追加した「東京ガストリプル割」に契約すると、東京ガスが提携しているプロバイダのインターネットサービスの料金が割引されます。割引単価や適用期間は、プランやプロバイダによって異なります。

ガスとインターネットによるトリプルセット割引

出典:東京ガス(割引額は条件によって変動)

電気料金連動ポイントサービス「パッチョポイント」

電気の利用でポイントが貯まり、そのポイントはオリジナルグッズや提携ポイントへの交換、東京ガス施設見学の抽選企画応募などに利用できます。ポイントの付与条件は以下の通りです。

  1. 「myTOKYOGAS」会員
  2. ずっとも電気1または2への契約

東京ガスの電気プラン「ずっとも電気」

ずっとも電気には3種類の料金プランがあります。

東京ガスの電気料金プラン

出典:東京ガスHPより作成

「ずっとも電気1,2」の料金プランを従来の東京電力のプラン(従量電灯B・C)と比較したいと思います。東京ガスが発表しているプランの月額基本料金は東京電力の標準プラン「従量電灯B・C」と同じ金額に設定されています

東京ガスと東京電力の基本料金

出典:東京ガス、東京電力HPより作成

従量料金の部分では、東京ガスは東京電力とは違う料金設定をしており、使用量に応じてお得になるプランが異なってきます。例えば、120kWhまでの第一段階の単価は東京電力の方が4円安くなっているため、電力使用量が比較的少なめな家庭では東京電力の方が電気料金は安くなります。

使用量が120kWh以上の場合は東京ガスの「ずっとも電気1」が割安になります。目安として東京電力の従量電灯B/Cプランで月間7100円以上を利用している場合は、経済的メリットが発生します。350kWh以上だとkWhあたりの単価割引率がさらに高くなり、4円安くなります。使用量が増えれば増えるほどお得になっていくのが特徴です。

使用量が多い家庭や商店向けの料金プラン「ずっとも電気2」も、利用量が増えるにつれ、東京電力の従量電灯B/Cプランより割安になっていきます。「ずっとも電気1」と比較すると、基本料金の契約が6KV以上と高いため、電気使用量が少ない需要家には不向きです。一方、単価は低く設定されているので、たくさん電気を使うほど有利になります。ただし、360kWhまでの単価は安くなりますが、360kWh以上の場合「ずっとも電気1」の方が、0.06円安いです。そのため、3万円以上といった高額の電気代を支払っている場合は、電力使用量が多い場合でも「ずっとも電気1」が安いケースがあります。

東京ガスの「ずっとも電気1」と東京電力の「従量B・C」

出典:東京ガス、東京電力HPより作成

供給エリア・電源構成

現在発表している供給エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県(富士川以東)です。現在の東京ガスの都市ガス供給エリアとは異なるため乗り換える際には確認が必要になります。

東京ガスの電気供給エリア

出典:東京ガス

電源開発

首都圏最大規模の電源(約130万kW)を保有しています。月に1万円を利用する家庭を240万人ほどまなかえる計算となります。2020年までには約330万kWまで拡大する予定です。電源構成としては、主に天然ガスを使用した火力発電を用いて発電しています。

東京ガスの電源開発計画

出典:東京ガス

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

国内のエネルギー動向を見る、GDP当たりのエネルギー消費は中国の約5分の1の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月26日

新電力ネット運営事務局

国内のエネルギー動向を見る、GDP当たりのエネルギー消費は中国の約5分の1

本コラムでは、日本におけるエネルギー消費の動向について、各部門別の消費量や経済成長に伴う利用量の推移、そしてエネルギー源の変遷や国内自給率といった観点から概要を見ていきます。

電力自由化とGIS、地域データ利用で顧客開拓やプロモーションの効率化の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年03月30日

新電力ネット運営事務局

電力自由化とGIS、地域データ利用で顧客開拓やプロモーションの効率化

GISとは地理情報システム(Geographic Information System)の略称です。位置や空間に関する様々な情報をデジタル地図上に重ねて情報の分析や解析、可視化などを行います。電力自由化における、GISの活用法を見ていきたいと思います。

新電力で地域活性化、電気を使うだけでお気に入りの発電所を応援できるサービスの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月14日

新電力ネット運営事務局

新電力で地域活性化、電気を使うだけでお気に入りの発電所を応援できるサービス

今回のコラムでは、電気料金プランによって地域活性化を推進している「みんな電力」の活動について見ていきます。お気に入りの発電所を応援できるほか、地域の特産品や握手券、発電所の心づかいといったものを特典として受け取ることもできます。

電力自由化の認知度は9割以上、知っていても切り替えない要因トップは「メリットが分かりづらい」の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月04日

新電力ネット運営事務局

電力自由化の認知度は9割以上、知っていても切り替えない要因トップは「メリットが分かりづらい」

前回のコラムでは、経済産業省が実施したアンケート結果に基づき、電力プランを切り替えた需要家の満足度や生活スタイルの変化について見てきました。今回は、電力自由化の認知度と、プランの切り替えを躊躇する要因について概観していきます。

電力自由化の到来、新電力時代の幕開けの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月01日

新電力ネット運営事務局

電力自由化の到来、新電力時代の幕開け

2016年4月1日、本日は日本の電力業界にとって節目となる日です。電力小売の全面自由化が開始され、これまでの枠組みが大きく変革します。この日を境に、多くの企業が電力業界に参入・新たなサービスや価値が生まれます。