平成27年度の省エネ大賞決定、153件の応募から50件の選出

2016年02月12日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

平成27年度の省エネ大賞決定、153件の応募から50件の選出の写真

1月27日、省エネ大賞の表彰式が開催されました。全153件の応募中、50件(製品・ビジネスモデル部門:26件、省エネ事例部門:24件)が受賞しております。このコラムでは、省エネ大賞と受賞した事例の内容を概観します。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

地球環境とエネルギーの調和展で表彰式

2016年1月27日、省エネルギーセンターは「ENEX2016 第40回 地球環境とエネルギーの調和展」(東京ビッグサイト 会議棟 レセプションホールA)にて2015年度の省エネ大賞の表彰式を行いました。省エネ大賞は、省エネルギーを推進している国内企業や製品等を表彰する制度です。発表大会等を通じて、先進的な省エネ技術や手法などを効果的に情報発信するとともに、省エネルギー意識の浸透、省エネルギー型製品等の普及促進、省エネルギー型産業への発展及び省エネルギー型社会の構築に寄与することを目的としています。

表彰は2部門に分かれており、優れた省エネルギー性を有する製品又は省エネルギー波及効果の高いビジネスモデルを対象とした「製品・ビジネスモデル部門」と、工場・事業所等における省エネ活動を推進している事業者を対象とした「省エネ事例部門」があります。平成27年度における応募では153件の応募があり、各部門の評価項目(図1)に基づき「製品・ビジネスモデル部門」の26件、「省エネ事例部門」の24件、計50件が受賞しました。

省エネ大賞の評価項目

図1 各部門における評価項目 出典:省エネルギーセンター

受賞内容

製品・ビジネスモデル部門

「製品・ビジネスモデル部門」では、最優秀の経済産業大臣賞において、三菱電機の【家庭用エアコン「霧ヶ峰FZ/FZV シリーズ」】、安川電機の【安川マトリクスコンバータ「U1000」】、一条工務店の【超省エネ・超健康住宅「i-シリーズⅡ」】、ダイキン工業の【R32高性能空調機の世界展開による省エネルギー推進】の計4件が受賞しました。

三菱電機

室内機の内部構造を見直したルームエアコンが受賞しました。受賞製品では、送風効率を大幅に改善し、熱交換器の搭載量増加を実現しました。その結果、省エネ性能は、冷房能力4.0kWから9.0kWの機種で業界トップクラスのAPFを達成しました。また、個人の温冷感の違いを考慮した新しいソフト省エネ技術も開発しています。

安川電機

受賞製品は、回生機能を搭載した電力変換器です。従来と異なり、単体で電源回生とモータドライブを両立することが可能な装置となっています。さらに永久磁石同期モータ駆動を可能とし、さらなる省エネに貢献します。10tクレーンにおいては、年間消費電力量 50%削減を達成しています。

一条工務店

受賞製品は、断熱性の大幅な向上を実現した省エネ住宅モデルです。住宅の断熱性能Q値0.51W/㎡・Kを確保し、年間冷暖房費を一般的な省エネ住宅の1/5以下に低減しています。また、全館床暖房システムを開発することにより、室内の快適性をさらに向上させています。断熱材の開発において、従来の生産ラインを活用する等、高性能住宅でありながら価格を抑える工夫があります。

ダイキン

受賞ビジネスモデルは、地球温暖化抑制のために新冷媒R32を搭載した高性能空調機の世界展開を目指した取組みです。R32は、温暖化係数が従来の冷媒R410Aの約1/3である上、この冷媒をインバーター制御と組み合わせることで年間30%以上の消費電力量削減を実現できます。

製品・ビジネス部門における受賞数一覧
  1. 経済産業大臣賞:4件
  2. 資源エネルギー庁長官賞:5件
  3. 中小企業庁長官賞:1件
  4. 省エネルギーセンター会長賞:14件
  5. 審査委員会特別賞:2件

省エネ事例部門

「省エネ事例部門」における経済産業大臣賞は、デンソーの【自動車部品生産プロセス追求によるエネルギー再生工場への挑戦】、ミサワホームとCSロジスティクスの【建材調達物流の省エネ化】、静岡ガスと日建設計の【オフィスビルにおける再生可能エネルギーとコージェネレーションの熱高度利用】、パナソニックの【車載用電池工場での演算による投資ゼロの新省エネ手法の確立】の計4件が受賞しました。

デンソー

自動車部品製造工場における省エネ改善に取り組んだ事例が受賞しました。内容は、工場における老朽化した大型集中クーラントシステムの小型集中クーラントシステムへの更新、電磁ブレーキのエアーブレーキへの更新、切削加工時のリターン水流を活用した小型水力発電の開発となります。消費電力量は合計で1,034MWh/年(原油換算で266kL/年)削減を達成しました。同工場は、300件/年以上、1,810kL/年以上の省エネを達成しています。

ミサワホームとCSロジスティクス

建材調達の省エネ化を実現した事例が受賞しました。1台のトラックが最適なルートで建材メーカーを巡り、回収していく方式としています。本方式では、無駄なく多品種の建材が混載できるように、ブロック数や配達日をインターネットで入力するシステム(a-netシステム)を開発し、ジャストインタイム物流を実現しました。無駄のないトラックの配車が可能となり、2014年度のエネルギー使用量は14.5GJ/棟で、2001年度比37%の削減を達成しています。また、本システムは同業他社へも開放しています。

静岡ガスと日建設計

再生可能エネルギー等を活用して省エネビルを実現した事例が受賞しました。主な取組みは、コージェネレーションからの排熱と太陽熱を冷房・デシカント再生熱源・暖房・給湯へカスケード利用するシステム、太陽熱とコージェネレーション排熱を再生熱源に利用したデシカント外調機システム、直列・並列切替え型太陽集熱システム、4面自然採光の採用です。竣工2年目のエネルギー原単位は805MJ/㎡年となり、通常のオフィスビルの値1,748MJ/㎡年の半分以下を達成しています。

パナソニック

データ活用による空調設備の高効率化を実現した事例が受賞しました。本事例では、パソコンを活用した自動計算システムを構築しています。さらに、統計的手法による省エネ効果の見える化を図っています。デシカント空調機の設定温度最適化、給気温度の低温化、吸収式・ターボ冷凍機の高効率運転化等を実現し、エネルギー使用量は原油換算で691kL/年削減、ターボ冷凍機等の消費電力量は628MWh/年(約30%)削減を達成しています。

省エネ事例部門における受賞数一覧
  1. 経済産業大臣賞:4件
  2. 資源エネルギー庁長官賞:6件
  3. 中小企業庁長官賞:1件
  4. 省エネルギーセンター会長賞:10件
  5. 審査委員会特別賞:3件
はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

熱を電気に変換、熱電変換デバイスで従来比10倍以上の効率を実現の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月26日

新電力ネット運営事務局

熱を電気に変換、熱電変換デバイスで従来比10倍以上の効率を実現

4月25日、日本電気・NECトーキン・東北大学は共同で、新しい熱電変換技術であるスピンゼーベック効果を用いた熱電変換デバイスにおいて、従来比10倍以上の変換効率向上を実現したと発表しました。安価な素材も開発し、コストも抑えられる技術となっています。

100%電気の力で走る自動車のみ販売できる法案、オランダで可決可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月25日

新電力ネット運営事務局

100%電気の力で走る自動車のみ販売できる法案、オランダで可決可能性

オランダにおいて、2025年までに電気自動車以外の車両販売を禁止する法案が可決する見込みです。ガソリン車やディーゼル車だけではなく、ハイブリッド車までも規制の対象となる可能性がある内容となっています。

九州で大量に発生する焼酎かすを利用した充電池を開発、廃棄に悩む業界に貢献の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月16日

新電力ネット運営事務局

九州で大量に発生する焼酎かすを利用した充電池を開発、廃棄に悩む業界に貢献

5月11日、福岡工業大学(福岡市東区)工学部電気工学科の田島研究室は、焼酎製造時に生じる「粕(かす)」を活用した充電池を開発したと発表しました。九州で大量に発生する焼酎かすの新たな活用法を開拓したことで、地域の環境保護や産業の活性化が期待されます。

凸版印刷が電子ペーパーPOP開発、電気代いらずで販促強化の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年03月10日

新電力ネット運営事務局

凸版印刷が電子ペーパーPOP開発、電気代いらずで販促強化

3月10日、凸版印刷(本社:東京都千代田区)は、屋内の光だけで稼働する電子ペーパーPOPを開発したと発表しました。スーパーやドラッグストアなどの店頭販促向けPOPとして、2016年度内のサンプル出荷を目指します。

スターバックス、太陽光でUSB充電できる椅子を3店舗で導入の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年10月31日

新電力ネット運営事務局

スターバックス、太陽光でUSB充電できる椅子を3店舗で導入

東京都地球温暖化防止活動推進センターは、スターバックスと連携し、椅子型のソーラー充電スタンドを設置すると発表しました。この椅子により、USBの給電ポートにてPCやスマートフォンを充電しながら、スターバックスの空間を満喫することが可能となります。