東芝と芙蓉総合リース、電力の地産地消事業を開始

2016年02月02日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

東芝と芙蓉総合リース、電力の地産地消事業を開始の写真

東芝と神奈川県が採択された「平成27年度 地域電力供給システム整備事業」が2月1日より開始しました。太陽光による電力を地域に循環させる形となり、事業を開始するにあたり、1月30日に「東海大学柔道部寮発電所」の開所式を行っています。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

神奈川県で東芝と芙蓉総合リースが電力の地産地消を開始

神奈川県による「平成27年度 地域電力供給システム整備事業」に採択された東芝と芙蓉総合リースが2月1日より電力の地産地消事業を開始しました。太陽光パネルによる電力を県内の需要家に供給する形となります。地産地消事業を開始するにあたり、1月30日に「東海大学柔道部寮発電所」の開所式を行いました。

神奈川県では、「かながわスマートエネルギー計画」に基づき、エネルギーの地産地消を推進するため、分散型電源の導入に取り組んでいます。「地域電力供給システム整備事業」はその一環であり、電力自由化に向け、地産地消モデル事業に要する経費の一部を補助するものです。(図1)

地産地消事業の流れ

図1:補助事業の概要 出典:神奈川県HP

地産地消事業の概要

事業の流れとしては、まず芙蓉総合リースが太陽光発電関連の資金調達を行い、東芝プラントシステム株式会社が東海大学柔道部寮の屋根に太陽光発電設備を設置します。その後、発電した電力を東芝が買い取り、県内の需要家に販売します。2月1日から、工場、事務所ビルなどの高圧需要家向けに電力供給を開始し、電力自由化が始まる4月以降は、一般家庭向けにも電力を供給する予定です。(図2)

東芝は、2015年7月に特定規模電気事業開始届出書を提出しており、電力供給に加えて太陽光発電システムや照明、空調システムなどの省エネルギー機器と組み合わせて事業展開していくことが期待されます。

地産地消の仕組み

図2:東芝と芙蓉総合リースによる地産地消事業の仕組み

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

ガス事業と電力事業の円滑な相互参入の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2015年10月02日

新電力ネット運営事務局

ガス事業と電力事業の円滑な相互参入

小売り自由化に伴いガス・電力の垣根が撤廃され、既存のビジネスモデルを変革する新しい事業の在り方が生まれると想定されます。海外の事例を基に、今後のガスと電力の相互参入についてみていきます。

東京電力、25社の小売電気事業者に対し誤った電気使用量データを送付の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月28日

新電力ネット運営事務局

東京電力、25社の小売電気事業者に対し誤った電気使用量データを送付

6月24日、東京電力は25社の小売電気事業者に対し、誤った電気使用量データを送付したと発表しました。月間電気使用量では1646件に及ぶ規模となります。この問題により、小売電気事業者が電気料金を過大に請求している可能性が浮上しました。

中部電力、誤算定によるエリアインバランス量は合計で約5億56百万kWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年01月19日

新電力ネット運営事務局

中部電力、誤算定によるエリアインバランス量は合計で約5億56百万kWh

中部電力は、1月13日に誤算定によるエリアインバランス量(kWh)報告値への影響を経産省に報告しました。誤算定によるエリアインバランス量は合計で約5億56百万kWhとなります。

大阪ガスの電気、ガスとのセット割で年間約3700円お得にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年02月23日

新電力ネット運営事務局

大阪ガスの電気、ガスとのセット割で年間約3700円お得に

電力自由化に向け、4大都市ガス事業者の一つである大阪ガスが一般家庭向けの料金プランを発表しました。このコラムでは、大阪ガスが販売する電力の概観を見ていきたいと思います。

中国電力、カープ応援メニューで野球ファンの需要取り込み、首都圏にも進出の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年03月08日

新電力ネット運営事務局

中国電力、カープ応援メニューで野球ファンの需要取り込み、首都圏にも進出

3月7日、中国電力は首都圏の需要家に対し、新プランの提供を発表しました。野球球団(広島東洋カープ)とのコラボが特徴的であり、カープの公式戦勝利や年間成績に応じた追加特典ポイントを進呈する内容です。